解説!1日5分ビジネス英語
2019/09/20

ウイグル族「再教育」キャンプ Uyghur “re-education” Camps

今回の記事は「 ウイグル族「再教育」キャンプ」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

動画

今回の記事の動画です。どうぞご覧ください。

本日のSentence

Thus, the government actions suggest an attempt to wipe out an ethnic group not to protect the state from terrorism.


よって、この政府の行為は、国をテロから守るのではなく、民族を消し去ろうとする企みだと考えられる。。


ボキャブラリー

  • imprison : [verb] 拘禁されること、捕虜、人質
  • inmate : [noun] 牢獄または病院等の施設に閉じ込められた人
  • solitary confinement : [noun] 独房監視
  • will : [noun] 熟考した上での、又は確固とした要望または意思
  • wipe out : [verb] 完全に破壊し消し去ること

日本語訳

中国北西部に新疆(しんきょう)ウイグル自治区はあり、ツルキ語を話すイスラム教徒民族であるウイグル族が人口を主に占める。過去10年間、中国政府は何百もの収容所を建設し、100万を超えるウイグル族を監禁した。

収容所は公的には教育センターとしてみなされており、「公開キャンプ」の際には、西洋のジャーナリスト達に、非収容者が北京語とその他政府が推奨する教科を教室で学習する姿が公開された。

これらの「公開キャンプ」の外側では、話は違う。解放された被収容者とその家族によると、ウイグル族は拷問を受け、独房に入れられる等大変な状況にあるという。

他の国々の多くとは異なり、国民は拘束されるが罪を告発されることはない。さらに、彼らは裁判を受けることもなく、弁護士を雇うこともできない。そしてもしも両親が拘束された場合、その子供達は姿を消してしまい、探し出すことは困難となる。保釈は被収容者が国と国家主席への忠誠心を示した場合行われる。よって、この政府の行為は、国をテロから守るのではなく、民族を消し去ろうとする企みだと考えられる。


映像で見ると更にその過酷な状況を垣間見る事ができます

SOURCE: The Economist via YouTube
SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額980円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます