解説!1日5分ビジネス英語
2019/11/19

最初の環境に優しい墓地 First green cemetery

今回の記事は「最初の環境に優しい墓地」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

動画

今回の記事の動画です。どうぞご覧ください。

本日のSentence

The faster this industry can move in a green direction, the better off we will all be.


この業界が環境に優しい方向に進む速度が速ければ速いほど、状況は良くなるだろう。


ボキャブラリー

  • mortal remains : [noun] 死体。死んだ人の身体
  • biodegradable : [adj] 環境を害さずに自然に腐朽、分解する。生物分解性の
  • better off : [other] いっそう楽になる。より望ましいまたは有利な位置に
  • cemetery : [noun] 埋葬地、共同墓地。亡くなった人々が埋められる場所
  • substitute : [verb] を代用する、に替える。通常使用しているものの代わりに、何か新しいものを使用すること

日本語訳

パリは最近、イヴリー・シュル・セーヌに最初の環境に優しい墓地を開設した。墓石の代わりに木製の墓標を使用し、低炭素で化学物質のない埋葬用に設計されている。ペネロペ・コミテス副市長によると、これは気候変動と戦うための取り組みのひとつである。

2017年の研究で、パリは、従来の埋葬が833キログラムの二酸化炭素を発生させることを発見した。これは、パリとニューヨーク間の往復飛行で放出される二酸化炭素の量に近い量である。

政府は、10年ごとに木製の墓標を交換する。「墓石のない埋葬は現在、フランスで利用可能な環境への影響が最も少ない解決策です」とコミテス副市長は語った。さらに、棺や骨つぼは、厚紙や天然木などの環境に優しい素材で作られている必要があり、死体は純粋な生分解性繊維で覆われている必要がある。

人口密度が高まるにつれて、代替案を見つけることが不可欠である。私たちは永遠にコンクリートの箱に閉じ込められることはできない。さらに、この世界から出発する時が来たら、地球の環境に対する義務がある。この業界が環境に優しい方向に進む速度が速ければ速いほど、状況は良くなるだろう。


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます