解説!1日5分ビジネス英語
2019/11/28

ダヴィンチのブドウ園は今も生きている! Da Vinci’s vineyard still lives!

今回の記事は「ダヴィンチのブドウ園は今も生きている!」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

動画

今回の記事の動画です。どうぞご覧ください。

本日のSentence


If you are totally taken in by the environment, you could even stay for 150 euros a night.


もしもあなたが、この環境に取り込まれたいのであれば(乗せられたなら)、一晩150ユーロ晩滞在することもできる。


ボキャブラリー

  • vineyard : [noun] ぶどう園。ワイン造りのためのブドウ農場
  • gratitude : [noun] 感謝、有り難く思うこと。感謝する特性
  • roam : [verb] 歩き回る。自由気ままに移動する
  • hobby : [noun] 趣味、道楽。楽しむために行う活動
  • landscape : [noun] 景観、風景。目に見える土地の特徴

日本語訳

多くの人が画家レオナルド・ダ・ヴィンチを知っているかもしれない。しかし、ダ・ヴィンチは、天文学、工学、そして自分のワインを作ることへの愛情など、彼の時間を占める多くの趣味を持っていた。

1498年、ミラノ公のルドヴィコ・スフォルツァは、ダ・ヴィンチが20年の提携中に完了した多くのプロジェクトに感謝の意を表すために、小さなブドウ園をダ・ヴィンチに贈呈した。その中には、ミラノの運河地区のエンジニアリングプロジェクトと有名な絵画「最後の晩餐」があった。 ダ・ヴィンチの家族はワインメーカーだったので、ダ・ビンチはワインに関して詳しかった。

1499年、フランス軍がミラノに侵入したとき、ダヴィンチは街から避難した。第二次世界大戦中、彼の家とブドウ園はほとんど廃虚になった。しかし、科学者と建築家は現在、その建物を復元し、ブドウの木を作り直している。

10ユーロの入場料を支払うことで、何世紀も前にダビンチが歩き回ったブドウ園や景色のツアーを楽しむことができる。一晩150ユーロ晩滞在することもできる。2019年はダヴィンチの没後500周年であるため、ブドウ園を訪れる良い機会である。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます