解説!1日5分ビジネス英語
2020/02/12

新しいアバターで戻ってきたウォークマン Walkman back in a new avatar

今回の記事は「新しいアバターで戻ってきたウォークマン」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

動画

今回の記事の動画です。どうぞご覧ください。

本日のSentence


Although 10 of the internal 16GB storage is taken up by the Android OS, there is provision for an SD card.


内蔵された16GBストレージのうち10GBがAndroid OSによって使用されているが、SDカードが使えるように設定されている。


ボキャブラリー

  • retro : [adj] レトロな。過去のスタイル、ファッションなどに似ていること
  • peak : [noun] ピーク、頂き。頂点、絶頂、最盛期
  • dedicated : [adj] 熱心な、献身的な。大義、理想、または目的に専念している
  • top-end : [adj] 最上位の、最高級の。高品質な、洗練された
  • imitate : [verb] 模倣する。(他の何か)と同じような方法で何かをすること

日本語訳

1960年代に初めて販売されたカセットテープの人気は、1980年代にピークに達した。その過程で、ソニーのウォークマンオーディオプレーヤーが大きな役割を果たした。ソニーのウォークマンシリーズの新しいデバイスは、専用ミュージックプレーヤーを流行に戻した。

古いウォークマンとは異なり、新しいNW-A105デバイスは21世紀用に作られている。タッチスクリーンがあり、携帯電話のように見える。Android 9 Pieを搭載し、Bluetooth接続、高ビットレートのオーディオファイルのサポート、移動中に音楽を制御するための複数の物理ボタンを備えている。内蔵された16GBストレージのうち10GBがAndroid OSによって使用されているが、SDカードが使えるように設定されている。

デバイスは350ドルで購入可能だが、最上位モデル(Sony WM1Z)では1200ドルかかる。あなたが得るものは、素晴らしい音質と、古典的なカセットテープを模倣するレトロなスクリーンセーバーである。

新しいウォークマンはすべてデジタル音楽に関するものですが、カセットテープはまだ完全には市場から撤退していない。フランス企業Mulannは、カセットテープを復活させ、価格がわずか76ドルのポータブルカセットプレーヤーを発売した。古き良きカセットプレーヤーのもう1つの最新バージョンが、香港を拠点とするNINM Labによって同様の価格で販売されている。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます