解説!1日5分ビジネス英語
2020/03/02

女子学生2人、食品大手ケロッグを謝罪させる Two schoolgirls force food giant Kellogg’s to bow down

今回の記事は「女子学生2人、食品大手ケロッグを謝罪させる」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

動画

今回の記事の動画です。どうぞご覧ください。

本日のSentence




ボキャブラリー

  • hail : [verb] 来る、出て来る。(場所)に自宅がある、(場所)出身である
  • plea : [noun] 嘆願。懇願する、求める
  • modest : [adj] 控えめな。比較的制限された、または小さい
  • campaign : [noun] キャンペーン、宣伝活動。目標を達成する組織的な行動
  • species : [noun] 種、種類。同じような固体で構成されている生物の集団

日本語訳

「ケロッグ、安価なパーム油のために熱帯雨林を破壊するのは止めよう!」それはイギリスの2人の女子学生による要求だった。2018年にささやかに始まった彼らのキャンペーンは現在、環境NGOグリーンピースを含む785,000人の支援を集めている。その圧力は、ケロッグが同社の国際的なパーム油政策の変更を発表するのに十分だった。

ベッドフォードシャー出身の現在11歳と13歳のアシャとジアは、ケロッグが、オランウータンと呼ばれる類人猿の自然の生息地である熱帯雨林を破壊して、ヤシ油を調達するのを防ぐための大衆運動を作ったフィッツパトリック姉妹として知られている。

すべては、アシャとジアが両親を失った赤ちゃんオランウータンに関するドキュメンタリーを見た2018年8月に始まった。それまでケロッグのシリアルが好きだった姉妹たちは、その製品を食べるのをやめ、ケロッグに対する嘆願を始めた。

姉妹の嘆願はケロッグ幹部の注目を集め、森林を破壊することなくパーム油を調達するために、彼らはケロッグの英国オフィスでの一連の会議に招待された。

パーム油は、食品および化粧品業界で広く使用されている。その結果、数千エーカーのインドネシアの熱帯雨林が破壊された。

フィッツパトリック姉妹たちは勝利に満足しているが、ケロッグが約束を守るように請願を維持している。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます