解説!1日5分ビジネス英語
2020/08/06

ハイテク業界大手、独占禁止法の審理に直面 Tech giants face antitrust hearing

今回の記事は「ハイテク業界大手、独占禁止法の審理に直面」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence




ボキャブラリー

  • summon : [noun] 呼び寄せる。呼ぶ、来るように命じる
  • dominance : [noun] 優勢、支配。1人または1つの物が他の人または物よりも影響力や力を持っている状況
  • aggressive : [adj] 積極的な、攻撃的な。効果や目的において強い、または断固としている
  • transparency : [noun] 透明性。公共にはっきりわかるようになっている状況
  • third-party : [adj] サードパーティー、第三者。関与している2人の主要人物または組織とは別の人または組織

日本語訳

7月29日、米議会下院司法反トラスト小委員会のテレビ会議の前に出頭するため、フェイスブック、グーグル、アマゾンのCEOに召喚状が発行された。 同調査は司法省と連邦取引委員会が主導している。

どのような質問が行われるのかは不明確なままだが、オンライン検索エンジンの優位性と、これらの企業が行っている積極的なビジネスモデルが関係している可能性がある。

グーグルは、広告主との取引における透明性の欠如で非難されている。企業が製品を宣伝したい場合、多くの人が入札している広告の場所に支払われる予想金額がわからないことがよくある。

アップルは多くの開発者から、ほとんどのサードパーティサービスのサブスクリプション料金を30%徴収したとして非難されている。

アマゾンについては、最近、同社がプラットフォーム上の売り手のデータを使用して、わずかな価格で独自の製品を開発していることが明らかになった。予想通り、アマゾンはこの嫌疑を否定した。

ソーシャルメディア大手のフェイスブックは、政治的な誤報やヘイトスピーチの処理方法が原因で、しばしば批判されている。同社はまた、ライバル企業を買収している。この事はまさに独占禁止法に抵触することになる。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます