解説!1日5分ビジネス英語
2020/09/09

モーリシャスから大量の重油が流出 Massive oil spill off Mauritius

今回の記事は「モーリシャスから大量の重油が流出」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


The accident is one of the worst oil spills in the Indian Ocean.


この事故はインド洋で最悪の重油流出の1つである。


ボキャブラリー

  • reef : [noun] 礁。海面付近または海面直下にある珊瑚や岩や砂から成る海底の突起部分。
  • sanctuary : [noun] 保護区域、自然保護区。動物が生活し、保護される安全な場所
  • demonstration : [noun] 実証。何かまたは誰かを支援または反対することを示すために人々が集まるイベント
  • harbor : [noun] 港。船やボートが避難できる海岸の隣の水域
  • lagoon : [noun] ラグーン、サンゴ礁に囲まれた浅い水域。低い砂州またはサンゴ礁によって海から分離された海水の広がり

日本語訳

モーリシャスのポートルイスの人々は、7月25日に日本船MVワカシオがサンゴ礁に衝突した後、インド洋で発生した原油流出事故の徹底した調査を要求して、先週も抗議行動を行った。船長が逮捕された。流出した油により、岸辺のイルカ約40頭が死亡したと推定されています。

地元の報道によると、野生生物保護区に1000トンの油が流出したという。地元の人たちは、政府は油流出の影響を減らすためにもっと対策を講じることができたのではないかと考えている。彼らは、事故で船が2つに分裂した後、船の一部を沈めるという決定を批判している。

ロンドン、パリ、パースに住むモーリシャスの人々も、ポートルイスで抗議行動を支持するデモを行っている。

報道によると、ワカシオ号の救助活動に参加していた船もサンゴ礁のラグーンで沈没した。ワカシオ号から港に戻ってきた石油を運んでいたのだ。

今回の事故はインド洋で最悪の油流出事故の一つ。流出が収まらなければ、すでにCOVID-19の事態に悩まされている島国の観光産業に悲惨な結果をもたらす可能性がある。



こちらは、Simon Sinek(シネック)さんのTED TALKです


SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます