解説!1日5分ビジネス英語
2020/11/02

ノキア、月に最初の通信ネットワークを構築 Nokia to build first communication network on Moon

今回の記事は「ノキア、月に最初の通信ネットワークを構築」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


Humanity’s dream of moving to the Moon is one step closer.


月に移住するという人類の夢は一歩近づいている。


ボキャブラリー

  • wing : [noun] 下部機関、党派。組織や政党の一部
  • deploy : [verb] 実施する、配置する。特定の目的のために使用するために(人または物を)編成または送ること
  • rover : [noun] 惑星探査機。惑星や他の天体の表面を移動するよう設計された宇宙探査車両。
  • lander : [noun] 着陸船。惑星に着陸するように設計された宇宙船
  • compress : [verb] 圧縮された。圧縮や一緒に押すことで、サイズやボリュームが減少した

日本語訳

月に移住するという人類の夢は一歩近づいている。ノキアのブログによると、NASAは月面で最初のネットワークを構築するためにノキアを選択した。

ノキアの研究部門であるノキアベル研究所は、その契約と1410万ドルを受け取った。この提携を通じて、4G/LTEネットワークは、人間が2024年に到達する予定の2年前の、2022年末までに月に配備される。推定によると、NASAの通信プロジェクトは他の14社も寄付を求められているため、総額3億7000万ドルの規模になっている。

月面の通信ネットワークの目的は、宇宙飛行士がビデオ通話を含む宇宙でのよりスムーズな通信を可能にし、情報交換をはるかに高速化することである。これは、将来の月面車の制御にも役立つ。

NASAは、2024年までに最初の女性と次の男性を月に着陸させるアルテミス計画にそのネットワークを使用したいと考えている。

ノキアはまた、テキサスに本拠を置く宇宙設計会社Intuitive Machinesと協力して、月着陸船で月に機器を届ける。機器は、宇宙に物資を送る際のサイズと重量の基準を満たすために、圧縮された形で送られる。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます