解説!1日5分ビジネス英語
2021/04/13

マイクロソフト、米陸軍用ARデバイスを製造 Microsoft to make AR devices for the US Army

今回の記事は「マイクロソフト、米陸軍用ARデバイスを製造」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


That means Microsoft needs to manufacture more than 120,000 devices.


つまり、マイクロソフトは120,000台以上のデバイスを製造する必要がある。


ボキャブラリー

  • secure : [verb] 確保する。何かの獲得に成功すること。
  • goal : [noun] 目標。目的
  • superiority : [noun] 優越、優位。優れていること
  • potential : [adj] 可能性。現実のものに発展する能力がある
  • prototype : [noun] 試作品、ひな型、原型。何か新しい物の最初の形。大量に生産される前に作られる

日本語訳

テクノロジーの開発は非常に急速であるため、医療と教育を中心に、ほぼすべての分野に参入している。米陸軍は、あらゆる行動で正確さを与える技術を手に入れようとしている。テクノロジー大手のマイクロソフトは、米軍向けの拡張現実デバイス(AR)を製造する契約を獲得した。マイクロソフトが作成するデバイスは、Microsoft HoloLens 2のARおよびVRサングラスのセットに基づく統合ビジュアル拡張システム(IVAS)である。

米陸軍とマイクロソフトの契約には5年間のベースがあり、さらに5年間延長するオプションがある。これは、10年間で約219億ドルの価値がある。陸軍の目標は、これらのシステムをすべての近接戦闘部隊(CCF)に提供することである。つまり、マイクロソフトは120,000台以上のデバイスを製造する必要がある。

マイクロソフトは陸軍と緊密に協力して、IVASとそれに付随するソフトウェアを作成した。このデバイスは、CCFの兵士に「状況認識の改善、ターゲットエンゲージメント、情報に基づく意思決定」を提供するために作成されている。これは、現在および潜在的な敵に対してより多くのスキル、パワー、および優位性を達成するために不可欠である。

2018年に、マイクロソフトはそのデバイスのプロトタイプを作成するために4億7,900万ドル相当の契約を獲得した。新しい契約はその仕事の継続となる形だが、今回は戦場で使用するためにそのデバイスが製造される。マイクロソフトは翌年、国防総省に100億ドル相当のクラウドコンピューティングサービスを提供するという別の契約を結んだ。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます