解説!1日5分ビジネス英語
2021/05/13

各国の電子統治に対するスタンス Where do nations stand on e-governance?

今回の記事は「各国の電子統治に対するスタンス」という内容です。さていったいどういう内容なのでしょうか。

音声

今回の記事の音声です。まずは音声を聴いてみて下さい。

本日のSentence


The latest UN survey of e-governance around the world ranks Denmark at the top


世界の電子統治に関する最新の国連調査では、デンマークがトップにランクされている


ボキャブラリー

  • lag : [verb] 遅れる。遅れを取る、立ちおくれる
  • sound : [adj] 健全な。正当な理由に基づいた、分別のある、理知的な
  • implementation : [noun] 実装、実行。何かを機能させるプロセス
  • tool : [noun] 道具、ツール。ソフトウェア開発またはシステムメンテナンスに使用されるプログラム
  • proportion : [noun] 割合。全体の一部の量

日本語訳

世界の電子統治に関する最新の国連調査では、デンマークがトップにランクされており、韓国、エストニア、フィンランド、オーストラリア、スウェーデン、英国がそれに続いている。 上位14か国の下半分は、ニュージーランド、米国、オランダ、シンガポール、アイスランド、ノルウェー、および日本で構成されている。

この用語が示すように、電子統治はITを使用して、政府のサービスと情報を企業と市民に提供することである。電子統治の実装の最近の例は、COVID-19情報ポータルと医療品の供給のための電子サービスである。

国連の調査によると、リソースの制限、デジタルインフラストラクチャの欠如、データのプライバシーとサイバーセキュリティに関連する問題のために、一部の国では電子統治の実施が遅れている。一方、健全な電子統治が実施されている国々は、最新の情報を国民や地方自治体に提供することができている。

全体として、レポートは、電子政府開発指数(EGDI)の値が高いことからわかるように、すべての地域で電子政府開発が進んでいると結論付けている。非常に高いEGDIのグループでは、ヨーロッパが最も高い割合の国であり、アジア、南北アメリカ、オセアニアがそれに続く。韓国はアジアでトップのEGDIパフォーマーであり、シンガポールと日本がそれに続く。

多くの国では、情報通信技術(ICT)にアクセスできる個人とアクセスできない個人の間に大きなギャップがある。しかし、国連は、この「情報格差」は、電子統治の効果的な実施によって実際に減らすことができると信じている。政府は、ICTの使用を奨励および教育するために、電子政府ツールを開発および使用する必要がある。

SIGNAL

このポッドキャストはこちらから登録できます。

解説!1日5分ビジネス英語
解説!1日5分ビジネス英語

WISDOM SQUAREの人気ポッドキャストシリーズ

  • 毎日1分ビジネス英語
    Beginning
  • 毎日1分ビジネス英語
    Basic
  • 毎日2分ビジネス英語
    Intermediate
  • 毎日3分ビジネス英語
    Advanced
Business English Pro、1日10分ビジネス英語でもっと学習!

月額1,000円〜 最新のニュース記事で手軽に始めるビジネス英語学習

ポッドキャストの英文記事スクリプトは、Business English Pro1日10分ビジネス英語 で配信されています。

Business English Pro1日10分ビジネス英語なら、このポッドキャストで紹介されている記事だけでなく、週5日間、最新のニュースを使った学習記事が毎日配信されています。もちろん音声と日本語訳付きです。 (※ Business English ProはBeginning、Basicレベルのみ日本語訳付き)

  • ニュースソースは世界中の様々なニュース、メディアを元にスペシャリストにより作成されたオリジナルのニュース記事!
  • 常に新しい記事で学習ができて、同時に最新の情報もインプットできます
  • 「英語は勉強したいけど時間が…」という忙しいという方。ニュースを読む感覚で英語の学習ができます
  • スマートフォンから学習できるので、通勤時間や空き時間に手軽に学習できます
  • 1日10分ビジネス英語なら月額980円で受講できます!ビジネス英語を手軽に学習したい方に最適です

さらに Business English Proなら

  • 毎日レベル毎に難易度の異なる記事をそれぞれ配信。初級者から上級者までレベルに合わせた学習が可能です
  • 過去に配信された記事のストックから、さかのぼってお好きなだけ学習が可能です
  • 1週間の記事の復習をおこなう Weekly Reviewなど、通常の学習記事以外のコンテンツも充実しています
  • レベル修了テストで学習の成果を試すことができます。修了証の発行もおこなわれます