お知らせ
オンライン学習プログラム
Business English Pro
TOEIC for Basics
Business English for Smart Phone
2018/10/05

10月9日の更新はアメリカ祝日(Columbus Day)のためお休みとなります

10月の第2月曜日はアメリカの祝日(Columbus Day)のため月曜日に作成する教材はお休みとなります。

次回の更新は10日(水)の朝になります。

過去の記事の学習や復習、Weekly Review (単語テスト)などを是非ご活用下さい。


コロンブス・デー(10月第2月曜日)

アメリカ人は10月の第二月曜日にクリストファー・コロンブスの「新世界」への到着を祝います。(Columbus Day)


コロンブスはイタリア人ですが、彼の航海に出資したのはスペインの女王、イザベラでした。

1492年8月、コロンブスは西を目ざしてスペインを出発しました。彼はインドやアジアへの一番安全な海洋ルートを探していたのですが、かわりにバハマやヒスパニオラ島を含む、カリブの島々を発見しました。

どうして彼が現地の人々を「インディアン」と呼んだのか、お分かりでしょうか?


コロンブス・デーが正式に国の祝日となったのは1971年ですが、この日は長い間祝われてきました。最初のコロンブス・デーのお祝いは、1972年にニューヨークで行われた大規模なパレードでした。ニューヨークのイタリア人たちが、有名なイタリア人航海士コロンブスを記念してこのイベントを企画したのです。アメリカ最大のパレードは今でもニューヨークで行われています。


コロンブス・デーは全国各地で学校でのお祝い、お店のセール、そしてピクニックやパレードが行われる日となっています。

今では、アメリカで、コロンブスに関する史実や、コロンブス・デーを祝することが疑問視されてもいます。その州のひとつ、ハワイ州では現在、コロンブス・デーを「発見者の日」と呼んでいます。


コロンブス・デーのパレードの模様です。 New York