Global Effectiveness

Who we are : The Brannen Group

ブラネングループ(TBG)は、世界中の企業が異なる文化で活躍できる人材を育成、支援する専門集団です。

1980年代に米国カリフォルニアのシリコンバレーのハイテク企業にサービスを提供することで発展してきました。 これまでアップル社をはじめ、フォーチュン 500社の10%以上の企業を20年以上に渡り支援してまいりました。

THE BRANNEN GROUP

Brannen グループはアメリカ西海岸に本部を持ち、25年に渡り人材に関するコンサルティング、教育・研修プログラムを提供してまいりました。 同社は、アップルコンピュータなど今やグローバル・トップとなった企業に対して、独自のメソッドを提供することで企業のグローバル化を支援してまいりました。

今では世界中から同プログラムの受講を望む声が多く、日本でも長らく本格導入が望まれてまいりました。その声に応える形で、 この度、ついにそのメソッドである Global Effectiveness をご提供させて頂くことになりました。

しかも、今回は忙しい学習者様が好きな時間に、好きなスタイルで受講できるよう、オンライン講座としてご提供させて頂きます。

Client We Have Worked With

Brannen グループは、世界の大手企業や、コマーシャルバンク、製薬会社、メーカーのトップ企業に、独自のメソッドを提供してまいりました。

小学校の授業でも英語教育がスタートし、一部の日本企業では英語公用語化が進められるなど、日本に本格的な英語学習時代が到来しました。

ビジネスでもクロスボーダーの M&A が活性化する中、様々な文化的なバックグラウンドを持つ人々とのコミュニケーションが一層重要視されております。

Global Effectiveness は長年の研究と現場での実践により創り上げられたプログラムであり、洗練されたコミュニケーションスキルの学習は勿論、 より実践に則したものとして設計されているため、学んだ内容は今からすぐに実践することができるものになっております。 多くのグローバル企業が、リピーターとして長年受講を継続している事が証明してくれております。

我々は日本のグローバル化のお役にたてるべく Global Effectiveness コースをここにご案内するものです。

さあ、我々と共に世界の扉を開きましょう!

ブラネングループ代表 クリス・ブラネンからのメッセージ
言語技術だけでは、解決できない

ブラネン・グループは、語学学習という域を超えて、より有効にグローバルで成功を目指すクライアントの要望によりスタート致しました。

はじめ、私はカリフォルニア大学バークレー校で日本語を教授していました。この同校での8年間に、様々な企業から特にアジアを取引先とする社員に特別な言語教育をして欲しいとの依頼を受け、我々は日本語と中国語のクラスを依頼主である企業で数多く開催致しました。

それから数年後に、我々はある事に気づいたのです。それは、言語能力の向上だけでは解決しないという事です。

そして、我々は異文化間コミュニケーションとマネージメントの領域まで研修内容を拡大し、過去15年間はこの分野に注力して来ました。

グローバル化を目指す日本企業の皆さまへ

現在、当社は多くの日本企業がグローバル化を図っている事を目の当たりにしています。またそれと同時に、企業の大半が「グローバル化=語学研修」と捉えていることも理解しています。

我々は、こうしたグローバル化へのアプローチは目的の半分を満たすだけだと考えます。

Business English教材をオンラインで提供しているアイディール社の竹内氏もまた、ビジネス英語の習得だけでは真のグローバルビジネスパーソンにはなり得ないと実感しています。氏の長年におよぶ海外経験と外資系企業勤務を通じて、異文化間コミュニケーションの重要性を再確認されたと伺いました。しかし、この最も重要な技術を教えるメソッドやプログラムを容易に見つけることはできなかったのです。

2013年5月、アイディール社とブラネン・グループは共同で、初のビジネススキルを次のレベルまで高めるオンライン教材を開発し、提供致します。

私たちは、自信を持ってこのGlobal Effectiveness シリーズを紹介致します。

Global Effectiveness シリーズは、高い英語運営能力を持つ人々が、文化の壁を理解し、真の国際社会で活躍するためのビジネススキルを修得するためのコースなのです。

Language Skills Are Not Enough

The Brannen Group was started in response to our clients needing more than language skills to be effective in working globally.

I started as a language teacher teaching Japanese at the University of California at Berkeley. During my eight years at UCB, companies were calling to request language instruction for key employees who were working more closely with counterparts in Asia. Our response was to offer many Japanese and Chinese language classes at the requesting company site.

After a few years, we realized that language skills alone were not the answer.

We decided to expand into cross-cultural communications and management and this has been our focus for the past 15 years.

Message to Japanese Companies Going Global

Now, we see many Japanese companies going global. We also see that the approach to going global is, all most always, language instruction.

We think that this approach is only half of the solution.

iDEAL Inc. provides online Business English programs and Mr. Takeuchi, who started iDEAL Inc., also feels strongly that Business English isn’t enough to be a global business person. Through his many years of overseas experience, he came to realize that there are important cross-cultural communication skills that are required and that he could not find any method or program to help him gain these critical skills.

Starting in May 2013, iDeal Inc. and The Brannen Group have now joined forces to offer for the first time a robust online eLearning program to take your business skills to the next level.

We are proud to introduce to you The Global Effectiveness Series—an advanced English-language program to build the skills and understanding necessary to be effective when working cross-culturally and globally.

Global Effectiveness とは?
2種類のプログラム